男性と女性の画像

血糖値の上昇を抑えることができるアカルボース

血液中に含まれる血糖値を調節しているのは膵臓からでるインスリンというホルモンです。このインスリンが不足したり、インスリンは十分出ていてもその効き方が悪いと糖尿病となります。糖尿病になると神経障害から手足がしびれたり、網膜の毛細血管の状態が悪くなることで失明したり、腎臓障害などの合併性がおきます。アカルボースは澱粉をオリゴ糖に分解するαアミラーゼや砂糖のような二糖類をブドウ糖に分解するαグリコシダーゼという酵素の働きを抑え、炭水化物がブドウ糖になる事を遅らせます。その結果,ブドウ糖が体内に吸収されるのが遅れ、食後すぐに血糖値が上昇するのが抑えられます。その臨床的な結果から「食後過血糖改善薬」とも呼ばれます。またその効果としてインスリンが大量に分泌されなくなりますので、膵臓への負担が減ります。インスリンを介する血糖降下剤ではありません。アカルボースの血糖降下作用は単独では弱いので、他の血糖降下剤と併用されることが多いです。他の血糖降下剤と併用する場合は低血糖があらわれることがありますので気をつけましょう。もしも、低血糖があらわれたら、病院で処方してもらっているブドウ糖をすぐに飲みましょう。アカルボースは食事の過ぎ前に飲むことが大切です。万一飲み忘れた立場合は食事中に飲んでも構いませんが、食後時間が空いてから飲んでも効果はありません。また、食事をしない場合は飲む必要はありません。アカルボースを飲むと、炭水化物の分解が起き、結腸に炭水化物がたまり、おなかがごろごろしたり、便が柔らかくなったり、排便回数が増えたりします。アカルボースが身体になれるとこれらの症状は消えますが、しんどい場合会社に相談をするといいでしょう。

アカルボースはダイエット目的でも使用可能

アカルボースは体内で炭水化物をオリゴ糖に分解するαアミラーゼとオリゴ糖や三糖類や二糖類を単糖類のグルコースに分解するαグリコシダーゼと言う酵素の活性を阻害して、炭水化物の体内への吸収をさせなくする薬です。炭水化物を食事としてとっても、それが分解されませんので、体内へ吸収されないままとなりますので、短い期間で血糖をさげることができ、さらに1カ月前から2カ月前の血糖値をあらわす数値ヘモグロビンA1cの値を下げますので、II型糖尿病の治療薬として開発、発売されています。一方ダイエットを志す人の場合、炭水化物を食事から抜くのは難しく、また危険でもありますので、このアカルボースを利用する事により、体内への炭水化物の吸収を抑えることができます。炭水化物が、小腸でグルコースに分解され吸収され、肝臓に行き、体内でエネルギーとして消費された後、残りがあればグリコーゲンとして、肝臓に蓄えられます。しかしながら、それより多くのグルコースが体内にあると皮下脂肪に変換されて貯蔵されます。もしも、体内へ吸収されるグルコースの量が減ると、脳は脳自身が必要とするエネルギーの60%はグルコースを使用しますので、まずグリコーゲンを分解してグルコースを作りだし、それでも足りなくなると、タンパク質や脂肪から糖新生を行います。このために、グルコースの吸収がへることはダイエットにもつながります。アカルボースは、2型糖尿の薬として発売されていますが、ダイエット目的で使用してもいいのです。ただ、注意すべき事は、アカルボースの投与が続くと、低血糖が起きてしまう危険があります。この低血糖を予防するのに澱粉では効果がなく、単糖類(グルコースタブレット)のようなものを、いつも持っていることが大切です。

アカルボースの主な副作用

食事の時に澱粉(例えば米、パン、麺類)を食べると、アミラーゼによって澱粉は、4~5個の糖がつながったオリゴ糖になり、さらに糖が2個つながった二糖類に分解されます。次に小腸のαグリコシダーゼと言う酵素により、ブドウ糖に分解され、小腸から吸収され血液中に入ります。その時、血液中のブドウ糖の量が急激に増え、血糖値が上がります。次に膵臓からインスリンと言う酵素が出て、ブドウ糖は各細胞に吸収されそこで分解されて身体を維持したら、人が活動するためのエネルギーになるのです。糖尿病の人の場合は、インスリンが出にくかったり、インスリンが出ていてもその効き方が悪くなり、食後高血糖が続くようになります。その結果、糖毒性を示し手足のしびれ(神経障害)や目の病気(網膜症)や腎臓障害を起こすようになります。アカルボースは二糖類を単糖類(ブドウ糖)に分解する酵素αグリコシダーゼの活性を抑えることにより、ブドウ糖の小腸への吸収を遅らせます。その結果、血糖値が急激に上がらず、インスリンが大量に出ない状態で、食事として摂取したブドウ糖を吸収する事が出来ます。アカルボースはインスリンに直接作用する薬ではありません。単独では作用が弱いので、ほかの血糖降下剤と一緒に使われます。アカルボースの副作用としては、まず澱粉の分解が遅れ、結腸に澱粉がたまる場合があり、おなかがごろごろしたり、おならが増えたり、腹痛を繰り返したりします。次に他の血糖降下剤と併用しているときには、低血糖に注意が必要です。震え、寒気、動悸、冷や汗、強い空腹感、血からの抜けた感じがし、さらにひどくなるとけいれんを起こし、意識がなくなります。このような時はすぐにグルコースタブレットを飲むようにしましょう。極めてまれですが重い肝障害が起きることがあります。アカルボース使用中は定期的に肝臓検査を行う事が必要です。