男性と女性の画像

アカルボースでじんましんや太れない副作用

アカルボースは食後の血糖値を抑えるお薬で、糖尿病の治療薬として用いられています。
炭水化物は私たちの体に必要なエネルギー源で、糖質は分解されて最終的にはブドウ糖となり小腸から吸収され、血液中から全身の細胞に取り込まれます。血液中のブドウ糖の濃度のことを血糖値といいます。健康な人の場合は、膵臓から分泌されるインスリンの働きにより血糖値は一定に保たれています。糖尿病とは、インスリンの量が不足したり、働きが十分でないために、血糖値が高くなっている状態です。そのまま放置すると、手のしびれなどの神経障害や、眼の網膜症、腎臓病などの合併症を起こす恐ろしい病気で、治療の必要があります。I型糖尿病の人は、インスリンの分泌が生まれつき少ないために太れない人が多く、II型糖尿病の人は痛い質と生活習慣により発症します。
アカルボースは、小腸の内膜に存在するαグルコシダーゼという酵素の働きのじゃまをする作用があります。αグルコシダーゼは、炭水化物やショ糖などをブドウ糖に変える酵素です。その結果、ブドウ糖の分解が遅くなり、体内への吸収もゆっくりと遅くなり、食後の血糖値が高くなることが抑えられます。インスリンに作用するお薬ではありません。
アカルボースを服用する際は、以前に他のお薬でじんましんなどのアレルギー症状が出たことがないか医師に報告することが必要です。また、服用ししている時にじんましんなどの皮膚症状が現れたら、すぐに医師の診察を受けましょう。薬剤アレルギーの可能性があります。また、まれに重大な副作用として肝機能障害がみられますが、その際にもじんましんなどの発疹が出ることがあります。
しかし、血糖値の上昇が緩やかになるために空腹感が少なくなって太れない場合もあるかと思いますまた、副作用として、お腹がごろごろしたり下痢になったり嘔吐ことがあるので、肥満ではない人は太れない状態になることはあり得ます。