男性と女性の画像

アカルボースとナイシトール、偏析の効果の現れ方の違い

食事としてご飯などの炭水化物を食べると、アミラーゼと言う酵素が働き炭水化物はオリゴ糖や三糖類や二糖類に分解されます。
さらに小腸でαグリコシダーゼと言う酵素でブドウ糖にまで分解され、吸収されます。アカルボースは、このアミラーゼと言う酵素とαグリコシダーゼと言う酵素の活性を抑え、炭水化物のグルコースへの分解を抑えます。その効果によりグルコースの小腸からの吸収が遅れ、血糖値が急に上がることなく、インスリンの効き方の悪いII型糖尿病の治療薬として開発されましたが、グルコースの吸収を遅くすることで血液中のグルコースが体の中の細胞に吸収されるのを遅らせることで、アカルボースは、ダイエットの効果が期待されて利用もされています。
ナイシトールは、防風通聖散と言う漢方薬で、身体につき過ぎた脂肪を燃焼させ、肩こりやのぼせやむくみや便秘がちな人に効果のある薬です。ナイシトールは、生活習慣病で腹部の脂肪が多い人に効果があります。
偏析は体脂肪が過剰に体内に蓄積された状態の人に11種類の生薬を一剤として飲み、蓄積された脂肪を燃焼させ、ダイエットに役立つ薬です。
アカルボースに対象はグルコースであり、これは医師の処方により手に入れるか、個人輸入をして手に入れられますが、ナイシトールと偏析の対象は内臓にたまった脂肪であり、これらは薬局やドラッグストアで二類薬として発売されています。
個人輸入も依然は、不安材料が多かったのですが、20年以上営業していて、口コミも13万件以上もあるような信頼できるサイトもありますので、一つの選択肢として利用するのも良いと考えられます。
使用目的はダイエットですが、ダイエットをすると言っても取り込むエネルギーを少なくする方法と、ナイシトールや偏析のように身体の中に取り込んでしまったものを燃焼させるものと方法は違っています。
それぞれの体に合った方法で、利用される事をお勧めします。