男性と女性の画像

包皮炎出血は糖尿病が原因?アカルボースで血糖値下降

日本人に増えている糖尿病ですが糖尿病は臓器の働きに支障が出るという問題だけではなく、夜の性生活にも問題が出る可能性があります。性生活に問題が出るのは、主に男性です。糖尿病に罹っていると、ペニスの包皮口にある症状が現れます。包皮口の部分が裂けて出血してしまう包皮炎が中々治らない方は、その包皮炎は糖尿病により起こっていると考えられます。糖尿病で包皮炎になってしまうのには、血液循環が悪くなってしまうことが原因にあります。皮膚は血液の流れの働きにより状態が左右されるので、血管に何らかの問題が生じていると皮膚の状態も悪くなってしまうのです。糖尿病は症状に血行不良が含まれており、罹っているとペニスにも血が流れにくくなり皮膚の健康が損なわれ出血を伴う包皮炎になりやすくなります。

糖尿病による包皮口の炎症は、そのままにしては更に悪化して真性包茎となります。真性包茎は性行為に支障が起こるので、性生活も控えなくてはいけなくなる場合が。性器部分からの繰り返しの出血は菌が侵入する恐れもあるので、根本的に治すためには糖尿病の早期治療が必要です。糖尿病の初期の内は、薬の服用のみで充分な改善ができます。糖尿病は血糖値の上昇によりインスリンの分泌が増えることでなるので、糖質の吸収を抑える働きのあるアカルボースの服用が効果的です。血糖値は大量に摂取した炭水化物が大量のブドウ糖へと分解されることで高くなります。アカルボースはブドウ糖へ分解される段階で分解する物質である酵素に働きかけて、ブドウ糖への分解を緩やかにして腸から糖が吸収されるのをゆっくりにし血糖値の上昇を抑制します。毎日これを飲むだけでも血糖値は低下していき、糖尿病の症状の改善へとつながります。お米やパンが好きな方は、特にアカルボースでの治療が向いているでしょう。